1. ホーム
  2. フェローズ会員のご紹介と会員ページログイン

フェローズ会員のご紹介と会員ページログイン

会員ページログイン

フェローズ会員とは?

日本アスペン・ソサイエティ・オブ・フェローズ(以下、フェローズ会員)は、アスペン研究所のセミナーを卒業し、研究所の活動趣旨に賛同しご支援くださる方々にご入会いただいている組織です。
ご支援に対する感謝のしるしとして、会員の方々には、懇話会やフェローズ会員限定イベント等、年間を通して、アスペンセミナーを思い出し、様々な学び・懇親の場をご案内させていただきたく存じます。

日本アスペン・ソサイエティ・オブ・フェローズの目的

  • アスペン研究所の公益的な事業の継続的な支援
  • アスペンが提供する質の高い学びの場への参加機会
  • アスペンの考え方に価値を見いだす同志や先生方との親交
  • アスペンのグローバルネットワークからの情報の入手

フェローズ会員への特典

  • 「アスペン・フェローズ」プログラムや会員限定イベントへのご招待(年4回程度を予定)※
  • ウィークエンドセミナーへの優先案内と割引(年2回程度を予定)※
  • 会報へのご芳名掲載(年1回)
  • アスペン研究所提携イベントへのご招待※
  • 飲食を伴うイベントの場合は実費のみご請求させていただきます

年会費:4月~翌年3月
1口2万円(消費税別、配偶者は半額)

  • 10月以降にご入会の場合は1口1万円となり、次年度より2万円となります。

フェローズ会員からのメッセージ

TORiX株式会社
代表取締役 高橋 浩一 氏

2014年1月にヤング・エグゼクティブ・セミナーに参加し、知的高揚も冷めやらぬ同じ年の6月にはエグゼクティブ・セミナーに、そして翌年には科学技術とヒューマニティーセミナーにも参加しました。
アスペンでの古典に学ぶ日々はかけがえのない体験でしたが、セミナーが終わって日常に戻ると、何かと忙殺されがちです。フェローズへの入会は、私個人にとって、1週間の濃密な学びの日々を思い起こし、忘れがちな本質や原理原則へと立ち戻る貴重な機会だと感じます。
ウィークエンドセミナーも何回か参加させて頂きましたが、その場での新たな出会いや、久しぶりにお会いする先生方のご様子などから新しい刺激も頂いており、身が引き締まる思いです。
アスペンの精神を思い出し、対話の体験を継続することが大切だと確信しております。

全日本空輸株式会社
アジア・オセアニア室 マーケティング&セールス
部長 小島 真理 氏

「来期の方針」、「販売目標の達成」、「対策」という言葉が飛び交うのが企業に勤める私の「日常」。交流関係を広げてみても、企業人の「日常」は似たようなもので、それが全てであると錯覚をしてしまう。
ヤング・エグゼクティブ・セミナー参加直後には、何かに目覚めた別の自分がいたはずなのに気が付いてみると「日常」に引き戻されて漫然と日々を過ごしている。そんな中で、アスペン・フェローズのプログラムはどれも私に「非日常」的なワクワクする時間を提供してくれる。大学の講義さながらのアメリカ政治に関する講演、東アジアの動向と日本の安全についての講演、そして瀧一郎先生の「禅と神秘主義」は、究極の「非日常」的な時間だった。毎回、対話風の質問コーナーで、更に理解を深めることができ、新たな気づきがあるのも良い。海外赴任によって今後の参加が難しくなるのが本当に残念でならないが、プログラムに合わせて帰国する工夫をしたいと思っている。

入会お申込み・その他お問合せ

ご入会やその他のご質問につきましては、アスペン・フェローズ担当(aspenfellows@aspeninstitute.jp)までEメールにてお問合せください。

なお、開催予定・開催済みの行事につきましては、こちらで随時お知らせしています。